<   2009年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

カナ表記

僕の好きなバンドにThin Lizzy(シン・リジー)と言うのがいます。

Amazonでよく買い物をするのですが、上記のバンドを日本語で検索すると「シン・リジィ」と表記されます。

ちょっと前までメディアでの表記は確かに「シン・リジー」もしくは「リジイ」だったと思うのですが、いつの間にか「シン・リジィ」とちっちゃい“ィ”で終わっています。発音的には「レモンティー」みたいに最後伸ばすのですが、最近ではティー、トゥー、ディー、ドゥー、ヴィーみたいな語尾を持つ単語の殆どが、発音では語尾を伸ばしているにもかかわらず、長音記号を省いた表記になっています。(某掲示板とかでやっいてる「ケコーン!」とか「オワター!」とか「オパーイ!」などの表記はまた別の話しです。)

例を挙げるなら、「エディ・コクラン」、「バディ・ガイ」、「マディ・ウォータース」、「ハロー・キティ」、「ムーディ・勝山」、「パーティ」、「ボディ」、「レディ」、「サティ」、「シャディ」・・・・・・・・挙げればキリがありませんが、全て伸ばして発音されてます。アナウンサーも絶対伸ばして発音している筈です。

英語の発音記号を調べて見ると、確かに長音では無い単語もあります。それなら、「ティイ」「トゥウ」「ディイ」「ドゥウ」「ヴィイ」と言う表記の方が正しい筈です。



「だって、小学校でそう習ったんですもの!」



じゃあ、今の学校ではどの様に教えているのか、どの辺で曖昧になるのか物凄い疑問が湧いて来ます。

て言うか、文部科学省なり権限のある機関省庁が統一すれば良いとも思うのですが・・・・国のトップが難読漢字でも無い漢字を公の場で平然と間違えるくらいですからね~~~。



どうでもイイ様な事に釈然としない日々を送っています。



あ、これがThin Lizzyです。「カコイイ!」でしょ?



[PR]
by guiter_sennin | 2009-05-29 04:22 | 日常

悪魔に魅入られた男

Peter Greenと言う、地味~に有名な人を僕は敬愛しております。
このブログの右っ側でポーズを取っている人です。ギター弾きです。歌も唄います。作曲もします。


彼は名門John Mayall's Bluesbreakers でプロキャリアをスタートさせ、クラプトンをも凌ぐ腕前で「Green God」と称され、一躍その名を轟かせます。

その後、自身のバンドPeter Green's Fleetwood Mac を結成し、The ShadowsのHank Marvinの影響下にあるメランコリックなインストや、Santanaもカヴァーした「Black Magic Woman 」に代表される、ラテンフレイバー溢れるナンバーをキレまくった表情豊なトーンで鮮やかに表現する、“新しいブルース”でそのスタイルを確立し、キャリアのピークを迎えています。

しかし、名実共に有名になったPeter Green、(お決まりのパターンなのですが)重度のドラッグへの依存で精神を病み、その成功と引き換えに“正気”を失い、心の病院に入院。シーンから忽然と姿を消してしまいます。一時期は墓掘り?墓守?か何か、ミュージシャンとは全くかけ離れた仕事をしていたとも聞きました。


しかし数年後、奇跡的にカムバックします。

そしてその復帰作がコレ!

b0186464_2348283.jpg

                                              「In the Skies」!

この「In the Skies」なんですが、一聴した感じではパッとしません。むしろ以前の「Green God」を知る人は、その去勢されたサウンドに落胆を隠し切れなかったと思います。

しかし!よく聴いて見ると何か変なんですよ。違うんですよ・・・何かが。

何かこう負のオーラとでも言いましょうか、何か得体の知れない“凄み”を感じるんですよ。少なくともこの世の者が奏でて(唄って)いる音ではありません!これは「あっちの世界」から聴こえて来る音です!5曲目の「Seven Stars」など最たるもので、聴く度に背筋が寒くなります。

彼は再び悪魔と契約を交わし、何か得体の知れない物を背負い込んで帰って来たのでしょう。そう思えて仕方ありません。


今現在、昔の見る影も無く、歳のわりにはヨレヨレで老いぼれ過ぎてはいますが、見方によっては俗社会の煩悩から開放され、霞を食べて生きる“仙人”の様にも見えます。





話がちょっと逸れますが、この「In the Skies」の8曲目に収録されている「Proud Pinto」と言うインストナンバーですが、「タイムボカン」 のワルサー、グロッキーのエンディング曲にそっくりなんですよね。偶然でしょうか?でしょうね。



で、僕もこのPeter Green師匠の様なギターが弾ける様、日々精進しているのですが・・・・・・・
[PR]
by guiter_sennin | 2009-05-27 01:21 | 音楽

ケンちゃんアイーン!


by guiter_sennin