<   2010年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ちと高い・・・

最近、又、ギターを弾いたり、ゴチャゴチャと色々やっていて更新が滞ってます。


それでですね、以前交換した「GOTOH SD91-H.A.P.M. 」なんですけど、コレが又、熟れて来てイイ感じになって来ました。

弦も切れ難くなって来たし、(普段はあまり使いませんが)アームも多少強めにアクションさせてもチューニングの狂いは極少。(「弊害」とか偉そうな事書いてごめんなさいね、世界のGOTOH 様・・・)



で、一段落ついたと言うことで「次なる獲物」を物色してたんですけど・・・・・・


こんなモン、見つけちゃいました。
b0186464_4581970.jpg
ARIA / XA0002MC

“アリア”(!)のネックアイロン!・・・欲しい。


税込みで54,800 円!


高っ!


「一家に一台」と言うワケにはいきません。


何でこう、ギターの治具って高いんでしょう?


これ、半値位だったら即買いすると思うし、もっと売れるだろうになぁ~。



まぁ、こう言うモノは「誰か持っている人に借りる」ってのがベストなんですけど、コレを必要とするベンチャー精神溢れるギター弾きがそうそう居ないって所がネック。←(シャレ)


こんなん買う位だったら、もっと他のモノ買うよね?

ギターとかエフェクターとか。(下手すりゃネックがオーダー出来る!)



早い話、「数が出ないから高い」んですね。
[PR]
by guiter_sennin | 2010-02-21 05:34 | 楽器・機材全般

Charlotte Gainsbourg

Beck にかつての父の面影を見たのか?



面白くて良いクリップです。


因みに、この人のお父さんはBeck 以上に頭のおかしい人(一応、褒め言葉)です。
[PR]
by guiter_sennin | 2010-02-12 02:31 | 音楽

Reef



昔、好きだったバンド。


イギリス出身ですが、“らしくない”音を出すバンドです。


後期は60~70年代のサウンドに移行して行き、コマーシャリズムとは縁遠い「欲の無い」音作りをしていました。


デビュー当初、僕は「これは売れる!」と思ったんですが、アメリカでは見向きもされませんでした。(ツアーとか、積極的なマーケティングをしなかった模様)


結構爆発力もありますが、個人技よりもバンド・アンサンブルに重きを置いた、玄人ウケする「地味なサウンド」が仇となったんでしょうかねェ~。




ビッグマックとフィッシュ&チップス。


どっちも似たり寄ったりなんだけどなぁ~・・・
[PR]
by guiter_sennin | 2010-02-04 02:34 | 音楽

MEX 豹変

もう既に取り付けは完了してたんですけど、先月末から昨日にかけて物凄く忙しかったのでアップ出来ませんでした。スイマセン。

b0186464_20312738.jpg
ついでにノブの類も交換したんですが、見ての通り「大失敗」ですね。(早く外そ~)


まぁ、見てくれは置いといて“音”の方なんですが、激変しました。



b0186464_2046335.jpg

今回、ピックアップと共に交換したパーツなんですが、配線材は“Belden 8412 ”の中身を剥いたヤツとキャパシターは“ALLPARTS JAPAN Vitamin Q 0.047uF 400V ”(多分、中身は“東一”のビタQ )と半田は“KESTER 44 ”と言う、比較的安価で入手し易い部品を使用しました。

スイッチ、POT(CTS)、ジャックは勿体無いのでそのまま流用しました。



で、どの様に激変したかと言うと、音の「解像度」 が格段に上がりました。


“Vintage Hot Rod ”と弾き比べたんですが、こっちの方がヌケが良いです。(“Vintage Hot Rod ”はピックガードの下にシールド用の分厚いアルミ板が入っていて、若干ハイ落ちするので、しょうがないっちゃあしょうがない・・・)

ピックアップの影響が一番大きいんでしょうが、“8412 ”の特性も顕著に表れていると思います。【“Belden 8412 ”は素晴らしいシールドなので、以前から「ギターの内部配線材としても使いたいな~」と思っていて、今回、結構良い結果が出たので(好みの問題ですが)今後、ヴィンテージワイヤーより“8412”を優先的に使う可能性が出て来ました。】


以前は出力は高いですが、ドライブを掛けると音がダンゴになって物凄くヌケが悪く、典型的な安っぽい音でしたが、改造後は出力こそ低いのですが、適度に枯れていて音ヌケが格段に良くなった印象です。

反応も早く、歪ませても上から下まで音の分離が良く、とても上品です。

“魚河岸のオヤジ”が“ウィーン少年合唱団”になった感じがします。

(キャパシターはちょっと容量が大きく、重い感じがするので又、暇な時に別のに交換するかも・・・)





でも皆さん、これだけは頭に入れといて下さい。


いくら「音が良くなった」と言っても所詮は“安物”ですから、正直・・・




限界が有ります。




☆ここ大事!☆
    ↓
ギター自体の“造り”が良ければ、もっとイイ音がする筈です!(笑)


とりあえず、僕としては“それなり”に良くなったので、今回の改造は一応「成功なんじゃないかな~」と思ってます。(音も気に入ってるし)


でも、まだ音が「若い」ので、もう少しエイジングして様子を見たいと思います。



追伸 ; 内部写真撮るの忘れてました・・・
[PR]
by guiter_sennin | 2010-02-02 23:41 | 楽器・機材全般

ケンちゃんアイーン!


by guiter_sennin