<   2011年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

実に惜しい!

b0186464_19224946.jpg
まだ調整段階ですが、以前のローズ指板のMEX よりも良い個体のようです。

多少の荒さ(フレットの仕上げ等)はありますが、このクラスのギターにしては概ね良好な仕上がりだと思います。(不思議なもので、音も以前より良く聞こえるんですよ・・・・)

所謂「当り」でしょうか?

特にネックの出来が前のローズの方よりも格段にイイです。(若干、握りが太いような・・・)

今回はナットの溝切りもドンピシャで加工の必要もありませんでしたし、ネック自体の強度も十分あり、ちょっとやそっとでは曲がる気配がありません。

これ、もしかしてメイプルのワンピース・ネックの方がローズ指板に比べて強度があるとか・・・・

ん~・・・・確かにネック自体の厚さは同じだけど、ローズ貼っ付ける時点でメイプルの指板部をその分削らないといけない訳だから、やっぱり多少弱くなるのかなぁ?(そう言えば、G&L テレも薄目のワンピースだけど結構頑丈。)

それと、先にも書きましたが、フレットの仕上げが若干雑で、荒い番目のヤスリの跡が残っており、見た目が今一つスッキリしませんが、今回はちゃんとレベルが出ていて“木材”自体も安定しているので、ハイ・フレットでのベンドの際にありがちな「音詰まり」が全く無いので許せる範囲です。

兎に角、久々に安くて良いギターにめぐり合いました。




しかし!



たった一箇所だけ駄目な所があるんですよね~。

これ。 ↓

b0186464_20374650.jpg





センターがズレてます!




b0186464_20412758.jpg
ブリッジ、ミドル・ピックアップは一応カバーしてますが、ネックの1弦が確実に外れてます。

少し離れて見ると、そのズレ具合は顕著に表れます。
b0186464_20483777.jpg
全体的に弦が「左(6弦側)寄り」でしょ?

弦の間隔がポジション・マークやポールピースに対して平衡になってませんし、6弦側より1弦側の指板の縁の余白の幅の方が広いのが分かります。

多分、原因はネック・ポケットの加工不良、及びネック、もしくはトレモロ・ブリッジの組み込み不良だと考えられますが、「ネック(ピックアップ)の1弦の音が小さい」「弾き難い」等の演奏面でのストレスは全く感じられないので、今回は“出来の良いネック”に免じて「見なかった事」にしてあげましょう!(笑)

それにしても、ちゃんとセンターが出てたら“100点”あげてたのになー・・・・

ホント、惜しいなぁ~!




追伸 : ピックアップの候補はもう大体決まっているのですが、先立つ物が・・・・(汗)
     多分、注文は来月に入ってからになりそうです。(またレポします。)
[PR]
by guiter_sennin | 2011-04-27 21:52 | 楽器・機材全般

再発

b0186464_22313493.jpg
あれ?この大きな箱は何かな?


何か出て来ましたよ。
b0186464_22323130.jpg
あれあれあれ?どこかで見たことのあるケースですね。


何か箱と同じ英語のロゴが付いてるヨ。
b0186464_22353795.jpg
「ふぇんでぇ・・・・」ん~・・・・てつをくん、英語苦手だからよく分からない!


とりあえず、中身を・・・・
b0186464_22405118.jpg
あれ~?おかしいな・・・・


これと同じギター、もう一本持ってたような・・・・
b0186464_22442012.jpg
はい、また始まりましたよー!


メイプルのワンピース・ネックが欲しかったもので、つい・・・・


やっぱり病気は完治してなかったんですね。(苦笑)


そうと分かれば、次は“ピックアップ”の交換だな!


何を載せようかな~(笑)
[PR]
by guiter_sennin | 2011-04-25 23:00 | 楽器・機材全般

ピック

「Jim Dunlop Jazz Ⅲ」
b0186464_2149259.jpg
もう十何年間も使い続けてます。

右側は、最近使い出した一回り大きい「Jazz Ⅲ XL」。

昔、スタジオに入ってた時、下の店で友人が買って来たのを一枚貰って以来ずっと。

厚めのナイロン素材なので弦離れが良く、32分の「ズクズク」「キリキリ」がとても楽に弾けます。

普通のピックよりもロング・ライフでお財布にもやさしいです。

しかし、小さめで先端が尖った形状なので、16分とかのコード・カッティングにはちょっと不向き。(ヘタクソだった時、ワンステージで二回も弦を切った事がある。)←今だって十分ヘタだろ!(爆)

ピックの面積が小さいのでコード・カッティングの際、手に余計な力が掛かっていた(しっかり握らないと弦のテンションで弾かれて落としてしまう)ので、その余分な力を分散させられるピックは無いものか?・・・・と、探していた時、試しに使った「XL」が思いのほか良かった(ピックの面積が大きいと意外に「やんわり」と持てます。)ので、今では「XL」を使う機会の方が多くなって来てます。

しかし、小さい方の「回転の良さ」も捨てがたいので、「コード・カッティング重視曲用」と「シングル・ノート重視曲用」とで両方を使い分ける事にしています。

でも最近、ピッキングの矯正をしているので、また別のに変わるカモ・・・・(汗)



さぁ、練習練習!
[PR]
by guiter_sennin | 2011-04-16 23:07 | 楽器・機材全般

Kester 44

b0186464_2145273.jpg
数年前、改造に凝ってた時にハンダにも色々種類があるというのを知り、最初に使ったのがこの定番の“Kester 44”でした。

パーツ屋とかで切り売りで1メートル百数十円位から(もっと高い店もある!)ですが、このハンダ業界でも「ヴィンテージ」というモノが存在し、これがまた高い!(買いましたが・・・・)

あと、“クライオ処理ハンダ”っていう「矛盾極まりない」(クライオ処理のメリットの「2」参照)オカルト商品とか色々と聞き比べたのですが、最終的に大した違い(確かに“若干の”違いはあります)も感じられず、「それだったら安い方で十分じゃん」と言う事で現行の“44”に落ち着きました。

当初は知らずにショップで切り売りされてるのを買ってて、「高いなー・・・」って思ってたトコロに“音屋”で安くロールで売られているのを発見し、思わず即買いしてしまいました。

でも・・・・
b0186464_2139418.jpg
よく考えてみると、こんなに大量のハンダ、業者じゃない限り全部は使い切れません!(苦笑)

多分、一生かかっても無理!
[PR]
by guiter_sennin | 2011-04-15 22:01 | 楽器・機材全般

Gibson Explorer

突然ですが、折角買ったのに何故か使わない(忘れてる)モノってありますよね?

洋服とかCD とかゴルフクラブとか・・・・

先日、弦を箱買いしたので張り替えるついでに、暫く放置してたギターさん達を一括メンテをすべくギター置き場でガサゴソやってる時、見覚えのある馬鹿デカいハードケースが!
b0186464_20433039.jpg
エ、エクスプローラー?!

忘れてた!

何故買ったかは思い出せませんが、確かに持ってました。
b0186464_2056486.jpg
レギュラー・ラインの安物ですが、一応“Gibson”です。(Gibson Japan?)

3ピース・ボディで、勿論「コリーナ」では無く「マホ」です。

ピックアップのカバーを付けたり、ノブや電気系統を入れ替えたり、色々弄ったけど結局、あまり弾かずにギター置き場にしまい込んでたみたいなんですよね。

それで久々に弾いてみたら「意外に悪くない」んですよ、生音も大きくて弾き易いし。

そうそう、前に釣り好きの友人が言ってたんですよ、「10万くらいの高い竿買ったんだけど、全然釣れねーの!むしろ韓国製の前から使ってる安物の方がよく釣れるもんだから、必然的に高いヤツは出番が少ないんだよね~」って。

上の友人のケースのように「使わなくなった理由」というものがこのエクスプローラーにもある筈なので、ちょっと記憶を辿って、弾きながら思い出してみました。




◎生音がピックガードにウマイ具合に共振してセミアコ(ちょっと言い過ぎ)みたいによく鳴ってい
  る・・・・んだけど、アンプを通すと「イマイチ」鳴らない。

◎弾き易い・・・・んだけど、ちまちま単音を弾くより、コードを「ガーン!」と言う感じの“ロック”なタイ
  プの個体ですねェ~コレは。

◎よく見るとセット・ネックのジョイント角が若干おかしい。

◎ボディが無駄にデカいので、クラプトンがカットした部分をよくぶつける。(取り回しが悪い)




あ、思い出した!一番の理由・・・・





◎弾いた後、置き場所に困る!(笑)




そうそう!置けないんだった!

変形でしょ?だからギタースタンドに立てると「ズリ!」って落ちるんですよ。

床に置こうにも、Gibson系はネックに角度が付いてるから・・・・

ライブの順番待ちの時とか凄い困るんですよね。

だから弾いた後、いちいちケースに戻さないといけないんだけど、そのハードケースってのが特殊なボディ形状の性質上、これまた無駄にデカい!

部屋に出しっぱにしてたら、また嫁に「売れ!」って言われるからなァ~・・・・

・・・・って思って「取り回しのイイ」コレ↓ を買ったんだった・・・・orz
b0186464_2213321.jpg
そうそう、この「Spirit by STEINBERGER」も大手術を施したにも拘わらず、結局音が気に入らないとか何とかでむにゃむにゃむにゃ・・・・・(汗)

ある意味「病気」(買い物依存症!)ですよね。

でも大丈夫!

もう治りましたから!


追伸 ; 「Rude Mood」未だ弾けず。(苦笑) 
[PR]
by guiter_sennin | 2011-04-13 22:52 | 楽器・機材全般

久々の登場

いやー、“Rude Mood”難しいですね~。(苦笑)


右手も左手も・・・・色んなトコロが動きゃしない!
b0186464_0173685.jpg
気分を変えて、メンテがてら暫く放置プレイだったMEXの調子をば・・・・





ネック超順反り!(こんなに反ってたっけか?)


“Vintage Hot Rod ”の方はビクともしてないのでそちらの方を使えばイイようなモノなんですが、MEX の方の音が好きなんですよね~・・・・


ロッドもいっぱいいっぱいだし、弦のゲージは下げたくないし。


そうそう、弦のストックも無くなって来てるし・・・・あ~~~もォ~~ゥ!


イ・ラ・つ・く!


ほったらかしてた自分も悪いですが、ちょっと強度不足過ぎますね。


先日のレスポと言い、ギターさんも世話し切れない程所有しちゃダメですね・・・・(反省)
[PR]
by guiter_sennin | 2011-04-07 23:47 | 楽器・機材全般

Bootleg その6

西新宿から今晩は。(笑)

立ち消えになったと思われた「ブート企画」が久々に帰って参りました!


「Double Reputation 」
b0186464_2339474.jpg
CD-R ONE:1.SOLDIER OF FORTUNE/2.JAILBREAK/3.WARRIORS/4.DANCING IN THE MOONLIGHT/5.MASSACRE/6.STILL IN LOVE WITH YOU/7.THE COWBOY SONG/8.THE BOYS ARE BACK IN TOWN/9.DON'T BELIEVE A WORD/10.EMERALD/11.BAD REPUTATION (incl.DRUMS SOLO)/12.BABY DRIVES ME CRAZY/13.ME AND THE BOYS/14.THE ROCKER
Live at Grona Lund Tivoli, Stockholm, Sweden on 10th August, 1977

CD-R TWO:1.SOLDIER OF FORTUNE/2.JAILBREAK/3.WARRIORS/4.DANCING IN THE MOONLIGHT/5.MASSACRE/6.STILL IN LOVE WITH YOU/7.THE COWBOY SONG/8.THE BOYS ARE BACK IN TOWN/9.DON'T BELIEVE A WORD/10.EMERALD/11.BAD REPUTATION (incl.DRUMS SOLO)/12.BABY DRIVES ME CRAZY/13.ME AND THE BOYS/14.THE ROCKER
Live at Dalymount Park, Dublin, Ireland 21st August, 1977

DVD-R:BAD REPUTATION : BBC DOCUMENTARY 2011
Interviews with SCOTT GORHAM, BRIAN DOWNEY, ERIC BELL,BRIAN ROBERTSON, BOB GELDOF etc...


「Bad Reputation 」リリース後のヨーロッパ・ツアー時のCD-R音源2枚と何月かは分かりません(多分、まだGary Moore が亡くなる前の放送じゃないかと・・・)が、今年BBCで放送されたThin Lizzy のドキュメンタリー番組を収録したDVD-Rを含む豪華3枚組み仕様なんですが・・・・


結論から申しましょう。




カス音源です!



いやー、久々に「掴まされた」って感じです。


「Bad Reputation 」リリース後と言う事は、同時に彼らの人気のピーク期と言う事でもあります。従って演奏も非常に安定しており、ミスも少なく、とても素晴らしいライブです。特にストックホルムでの音源は、ロボの演奏に勢いがあり、キレのあるフレーズが滾々と泉の如く湧き出て来て、思わず「辞める必要無いじゃん!」と突っ込みを入れたくなります。

あと、ロボとスコットはそれぞれ変な新しいエフェクターを使用したり、ダウニーさんはハイ・タムを増やしたりとか新しい試みもしています。


そんな素晴らしいライブなのに何故?




音質が最悪なんです!



2枚共ですよ!

オーディエンス録音なんですが、今迄聴いた中でも一・二を争う劣悪音源です!多分、両公演共野外ステージで、PA から録音機器のマイクまでの距離がかなり遠い状態だったと思われます。(だって、観衆の声とか手拍子、歌声の方がPA の音よりも大きいんですもの・・・・)これではThin Lizzy では無く、“観客”のライブ音源みたいなモンです。

途中、マイクの位置を変えたのでしょうか?若干改善され聴き易くなりますが、今度は後半、テープ・スピードが不安定(テープの伸び、もしくはバッテリー切れ)になり、音が「みよ~ん」とか「ねろ~ん」という具合にピッチがベンドされます。

それと、相変わらず基本音程が“レギュラー・チューニング”に変更されてるのも解せませんね!


ショップ・インフォには「高音質」と謳われてますが・・・・


でも、ま、DVD-R がまあまあ良かったのが救いかな~・・・・そうそう、このBBC のThin Lizzy の番組って、放送時期やJoe Elliott との編集風景を考えると、“Deluxe Edition”とか“再結成Lizzy”のプロモーション番組だったんじゃないでしょうか?


しかし、この映像見て思ったんですけど、月日は残酷なまでに人の外見を変えてしまいますね!
 

永遠に変わらないのはオヤジだけだネ・・・・あ!今迄気付かなかったんですけど、Phil Lynottって


ウケグチ(アイーン!)だったんですね・・・・


それと、ロボ兄さん、


いい加減前歯を入れろ!(笑)



総評 : DVD-R はそこそこ面白かったのですが、CD-R はハナから無い物と割り切って定価で買うに
     は高過ぎると思います。それでも「どうしても欲しい!」という方は止めません。どうぞ、お買
     いなさい。でも、やっぱり中古、もしくはオークションで出来るだけ安く入手した方が賢いと
     思いますよ。


兎に角、今回のブツはホントにおススメ出来ませんので、見かけたら注意して下さいネ。
[PR]
by guiter_sennin | 2011-04-02 23:36 | 音楽

珍品

実家でアナログ盤を整理してたら、こんなのがありました。
b0186464_21311100.jpg
これは多分、学生の頃、“新宿レコード”かどっかで買った記憶があります。


何だかヘタウマ(というか下手!)で怪しげなジャケなんで、一見ブートっぽく見えますが・・・
b0186464_21342645.jpg
一応、オランダの正規盤で見開きジャケ・2枚組アルバムなんです。


で、その2枚組みの中身なんですが・・・・
b0186464_2138893.jpg
しっかし、かなり雑かつ乱暴なリリースのし方ですね。(最近の廉価版CD とかでもありますよね?)


同じプロデューサー(John Alcock)でまとめたのか?いや、だったらTony Visconti の場合「4枚組」になってしまいますよね。


・・・・ってか何か最近、Thin Lizzy ネタばっかですね。(苦笑)
[PR]
by guiter_sennin | 2011-04-01 21:56 | 音楽

ケンちゃんアイーン!


by guiter_sennin