<   2014年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

Thin Lizzy Cover - 47

Paul Stanley の息子さんからのリクエストです。←(ウソ)



とてもカッコ良くて大好きな曲なのですが、これまた不人気曲みたいですね。

皆さんあんまりカバーしてらっしゃらないから。

多分、Thin Lizzy ってHR/HM 系で認知されている(まぁ、ざっくり言うとそうなんだけど・・・)ので、このテの曲はメタル系のリスナーには、ちとキツイのかなと。

ま、当時、こんな曖昧な存在のバンドって少なかったですから、しゃーないですね。

バンドのイメージなんて、リスナー毎に微妙に違う訳ですから、好きなように聴きなはれ。

あ、それでですね、始めは『Johnny The Fox』(スタジオ)バージョンをコピーしていたのですが、「Massacre」の時と同様、あまりにも地味なアレンジとエンディングのギターの音が不明瞭で耳コピがほぼ不可能だったのを理由に、急遽『Live And Dangerous』バージョンに変更してしまいましたので、悪しからず。

そして今回、wahを使うので、いつも掛けっぱのコンプを外し、キツイついでに保険的にいつも掛けているオーバードライブも外し、この際だから(どの際?)エコー、リバーブも全部外した上で、さらにギター側のボリュームもかなり絞ってゲイン低めの設定(ソロ時、クリーンブースター的にグライコだけは使いました)にしたのはイイのですが、この半音下げにもかかわらずテンションがキツイ安物のエピフォンSG(厳密に言うとLes Paul)の弾き難さも相まって、ファーストソロ以降グダグダ・・・orz

あぁ~、今年最後(であろう)を締めくくる動画がコレじゃ・・・いや、ま、このグダグダ感がてつをくんらしいっちゃあてつをくんらしいんですけどね(苦笑)。

因みにこのバージョンでのロボのソロ、僕の中でのロボ・ソロ、ベスト3 入ってます!
[PR]
by guiter_sennin | 2014-12-17 07:36 | ギター動画

Thin Lizzy Cover - 46

気が付けば12月なんでね、以前から色んな人に「やれ!やれ!」って言われてたのですが、自信がなかったのと、ぶっちゃけ、あんま好きじゃない曲だった(オイオイ!!!)のを理由に散々後回しにしていたのですが、今回遂に、無謀にもこの名曲に手を出してしまいましたよ・・・(滝汗)



所謂、典型的な「ツーファイブ」なので、そのスタンダード的安定感ゆえ、面白みに欠ける点が好きになれない最大の理由なのですが、もう一つ、このバージョンにおけるGary Moore のフレーズが、なんか今一つなんですよね~・・・。

ま、上手いというのは分かるのですが、なんでしょう?

この「無難にまとめました」感は。

抑制のし過ぎ?

いや、スケールもブルーノートじゃなくてペンタという所もちょっといただけないな~。

この際だから言わせてもらいます。

前々から思っていたのですが、Gary Moore が一回目に加入した時期(1974年)のオフィシャル音源(放送用も含む)がイマイチなのって、実はThin Lizzy を腰掛け程度にしか考えてなくて、手を抜いているとまでは言いませんが、様子見的というか、テクニックの出し惜しみをしているように思えるんですよね。

率直に言うと、Gary Moore の実力をもってすれば、もう少し気の利いたプレイができたのではないかと。

だからみんな大盛り上がりの『Live And Dangerous』バージョンばっかりカバーしてるのかな?

いやいや、単に難しいからでしょ(笑)!

「タメ」ってゆうんですか?(「お・おォ~・・・・さむちゃんです!!!」的な)

タメよ~、タメタメ!←(ウザイって?)

兎に角、(ブルース全般に言える事ですが)このグルーブは再現不可能です。

ってか、てつをくん、言うに事欠いて全然弾けてないじゃん(爆)!

言い訳(男らしくない)させてもらいますと、この『Nightlife』アルバムバージョン、今回初めて弾きました。

「大変難しかった」とだけ言っておきます。

そして、UPしていきなりこういう事いうのもなんですが・・・

弾き直したい(笑)!!!
[PR]
by guiter_sennin | 2014-12-01 18:00 | ギター動画

ケンちゃんアイーン!


by guiter_sennin